RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ブルーマーガレッツ大作戦!

メンバー4人が繰り広げる大作戦!です…
<< 「ノア姉さんのブルマ追っかけ大作戦〜フィンランド編」(9) | main | 「ノア姉さんのブルマ追っかけ大作戦〜フィンランド編」(11) >>
「ノア姉さんのブルマ追っかけ大作戦〜フィンランド編」(10)
0

    ●ヘルシンキへ!

    1月22日(日)
    とうとうタンペレ最後の朝。
    今日はヘルシンキに移動なのだ。
    さすがに昨夜は(というか朝だけど)遅かったのでみんなお疲れ気味。
    ゆっくりと集まって朝ごはんを食べていると、周りに座っている方々から「良
    かったよ〜」と嬉しい言葉ばかり。

    11時にチェックアウト。
    たくさんの方々から写真のリクエストで大変な事に・・・
    みんな別れを惜しんでます。(@_@。。。

    チャーターバスにてユーハさんの住んでるヘルシンキへ移動。2時間くらいの旅
    だ。窓の外はやっぱり真っ白!

    昨年はこのままヘルシンキ空港へ直行するという強行なスケジュールで大変だっ
    たらしい。
    なので、今年はヘルシンキに1泊してゆっくり観光する予定を立てたそうです。

    バスの中では、みんな眠いはずなのに、私が撮った写真を見ながら想い出して、
    笑ったり・・泣いたり・・

    そんな中、世界に一つだけのブルマからのプレゼントを渡されたユーハさん。
    幸せそうだったな〜。
    メンバーが作ったユーハさんだけのブルマカレンダーだ (*^_^*)

    ユーハさんとブルマの笑顔を見ながら、しみじみ思ったこと。
    リバプールへ行ってユーハさんと知り合わなかったら、このフィンランド行きは
    実現できていないんだ〜、やっぱりこれは運命なんだ!!
    そう、運命って本当にあるんだなぁ〜
    カメラを向けながらそんなことを考えてたら・・またうるうる・・(@_@。。。

    同乗していたユーハさんの奥様とお譲さんを自宅近くで降ろし、私達はヘルシン
    キの中心にあるホテルへ移動してチェックイン。



    荷物を置いてすぐに再集合。少しユーハさんの車でヘルシンキの街を案内しても
    らった。
    雪の中をびゅんびゅん運転するユーハさん。
    穏やかな人ほど運転すると変わるのか??!(^_^;)
    そういえばタクシーの運転手さんも同じだった。
    日本だったら雪が降ったら用心してスピード出せないけど・・
    フィンランドの人達はそれが普通だから慣れてるのか?
    雪道を走っているのに、だんだんそう思えなくなっていた。


    ●タワーでビール!?

    ユーハさんがまず連れて行ってくれたのは、トルニという大きなホテル。タワー
    という意味だそう。
    最上階でエレベーターを降りたあと、狭い狭いらせん階段をあがったところに
    ちっちゃなカフェがあった。
    それぞれドリンクを注文して、バルコニーに出る。
    なんとここが、ヘルシンキでいちばん高いところからの眺めなのだ!



    眺めは最高!
    でもあたりまえだけど寒〜い!! (@_@;)
    マイナス5度くらいかな…もっと寒いんじゃないかな〜?
    そんななかカズさんは冷たいビールを飲んでご満悦・・ ( ^^) _U~~


    と、思ったらすぐに中に入ってしまった・・
    (やっぱり寒かったんじゃないの〜〜? 笑)
    ほかのみんなは寒さも忘れて、しばらくはしゃいでおりました! ヽ(^o^)丿




    ●ユーハさんの自宅へ

    そのあとはユーハさんの運転でご自宅へ。
    息子さんのアーポくん、娘さんのアイノちゃんがいた。
    アイノちゃんお手製のお料理でもてなしてくれた。

    ブルマのメンバーには目的があった。
    ユーハさんへの感謝をこめて、ムーミンが「Yesterday」を歌ったのだ! (^^♪
    さむちゃんがアーポくんのギターを借りて伴奏をつける。

    「Yesterday」は普段のブルマのレパートリーには入っていない。
    ユーハさんにだけ聴いてもらうために、日本で練習して来ていた。
    もちろんユーハさんには内緒だった。

    昨夜のタンペレでの「いちばん好きなビートルズソング」のプレゼンターとして
    歌うことになったのは、完全なるハプニング (^^ゞ

    ユーハさんは体験したブルマギグをすべてカウントしている。
    昨日はなぜカズさんがノーカウントだって却下してたのがわからなかったんだけ
    ど、この瞬間を見てやっとわかった。

    だから・・・あれはなかったことにして・・
    ここであらためてユーハさんのために・・心をこめて・・ (^^♪

    当然、ユーハさんはこの突然のプレゼントに驚いていた。
    さむちゃんもムーミンも、いつものライブの時より緊張しているように見えた。

    ユーハさん、時折目をつぶり、胸に手をあて泣いていた (T_T)

    終わったあとでユーハさん、
    「これはギグの一つにカウントしていいよね?」



    もちろ〜ん! \(~o~)/
    ギグといってもたったの1曲。でも、ユーハさんひとりのために歌われた曲。
    ユーハさんにとっては特別なプレゼントだったろうな〜。
    横で聴いていた私たちでさえ、感動したんだから・・ (@_@。。。

    ユーハさん、ほんとうによかったね!!

    一緒にいて、ブルマのユーハさんに対する気持ちとユーハさんのブルマへの愛を
    痛切に感じた。
    本当にこの場にいられて幸せだった。

    もうすぐ別れの日が近づいてるし・・・泣かせないでくれ〜〜!! (p_-)


    ●夜のヘルシンキへ

    ユーハさんが好きだというトラムに乗って、夜のヘルシンキの街へ。


    少し寒かったけど雪が舞ってるヘルシンキは素敵だ。
    ところどころに人間のオブジェがある。

    ちょうど1ヶ月ほど前に本家ポールがヘルシンキで公演を行っていて、その告知
    ポスターがまだ貼ってあった。
    すかさずその前でフォトセッション! (^_^)v
    ムーミンをポールに見立てて、まったく同じポーズを取らせるメンバー。
    ユーハさんがポールのギター役になろうとしたり(ブルママジックにかかってる
    ユーハさんおもしろいぞ〜)、メンバーも集まってムーミンとおんなじポーズ
    とったり・・
    どうしてこうなるんだろう・・わけがわからなくなっても楽しい〜! (笑)

    レストランへ行く途中の広い並木道では、4人そろってジャンプ!! \(~o~)/
    このジャンプシーンどこかで見たような〜?
    あっ! 映画『A Hard Day's Night』の「Can't Buy Me Love」?
     


    ほんと、見ていて飽きない。
    私も専属カメラマンのように何度も何度も写真を撮り続ける・・^m^
    寒いのにね〜(笑)

    ユーハさんやカズさんは向こうで呆れてたな〜(^_^;)

    さすがに凍えそうになりながら、今夜のレストラン「KAPPELI」へ到着。
    フィンランド語で教会と言う意味だそう。その名の通り元は教会だったようだ。
    とってもおしゃれなレストランで料理も美味しかった!



    みんなと一緒にいるユーハさんはやっぱり楽しそう (*^_^*)
    とっても気持ちがわかる。伝わってくる。
    それを言ったらまた胸に手を当てて感動してたっけ。
    大袈裟だけど、もうすでにブルマとは(私も含めて?)言葉の壁を超えている気
    がする。

    話さなくても顔や態度で大体気持ちがわかってしまうのだ。
    特にブルマを見ているユーハさんの幸せそうな顔は、まさにお釈迦様のように輝
    いていた。


    ホテルに戻ったのはもう11時くらいだったかな?
    ユーハさんは飲み足りなかったらしく ^^;
    カズさんを誘い、夜の闇に消えて行った・・

     

    カズさん、
    はたしてユーハさんの相手が
    出来るんだろうか?! (^^ゞ
     


    (つづく)
    Copyright(C)2012 scousehouse
    http://scousehouse.net/magazine/nlw_photo514.html

    | ライブレポート | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.bluemargarets.co.uk/trackback/1175135