RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ブルーマーガレッツ大作戦!

メンバー4人が繰り広げる大作戦!です…
<< 「ノア姉さんのブルマ追っかけ大作戦〜フィンランド編」(8) | main | 「ノア姉さんのブルマ追っかけ大作戦〜フィンランド編」(10) >>
「ノア姉さんのブルマ追っかけ大作戦〜フィンランド編」(9)
0

    ●Beatellesと打ち合わせ

    0時半からはジャムセッション。♪
    ビーテルズの4人と共演する事になっている。
    その打ち合わせをするため彼女達がブルマの楽屋にやってきた。

    主催者からは2曲演奏するように言われている。
    「なんでもいいわよ。あなたたちに合わせるわ」
    「やりたい曲言ってみて」
    とビーテルズ。
    みんなとっても貫禄がある。
    でも・・多分まだみんな若い。
    リバプールの大学生といっても信じてしまいそう。

    ブルマも見た目年齢が若い(笑)
    カメラのファインダーからは年齢差など感じない。
    明らかにビーテルズのほうが若いはず・・なのに彼女達やっぱり色っぽく年上に
    見える・・私たちよりずっと (^_^;)

    歌ったりコーラスをつけたり・・良い感じで打ち合わせは進んでいたので・・
    ユーハさんみたいに、これもギグのひとつにカウントしたいって私も思ってし
    まった!?♪(^◇^)

    あれこれ話し合っているうちに、「Baby It's You」「Can't Buy Me Love」「I Saw
    Her Standing There」の3曲が候補になった♪
    どれを外そうか・・
    「3つともやればいいじゃん!」とカズさん。
    いや、そういうわけには・・
    ということで、「Can't Buy Me Love」と「I Saw Her Standing There」に決まっ
    た! (^O^)

    楽器は全員が持って行く必要はないということで、ビーテルズのを曲によってみ
    んなで使い分けすることになった。


    ●ジャムセッション・パート1

    パークホールに入ると、「Jiri Nikkinen The Beatles Tribute Band」が演奏し
    ていた。
    メインオーディトリアムでトニーシェリダンさんのバッキングをしたバンドだ。
    トニーさんとは緊張していたんだろう。
    さっきよりずっと楽しそうに見えた ^^;

    ブルマとビーテルズはステージの袖で待機。アップルジャムもいる。


    時間が押しているようで、0時半になっても終わる気配はまったくない。
    0時45分ごろに終わった・・と思ったらアンコール。
    そしてそのアンコールがなんと、「I Saw Her Standing There」! (';')

    あらら、ダブっちゃった〜・・と思ってたら・・ (^_^;)
    ビーテルズのジョン役キャスさんとカズさんが何か話してる。
    ブルマもうなづいてる (^・^)
    ダブっちゃったから「I Saw Her Standing There」はやめて、「Baby It's You」
    に差し替えることになったそうだ♪

    さぁ〜ブルマとビーテルズがステージに上がる。
    ステージの上に並んでるギターやベースはどんどん自由に使ってと言われたので、
    さむちゃんとさとみちゃんはそこからエレキギターをピックアップ。
    ビーテルズのベーシスト、ルイーザはアコースティックギターを持って、ルイー
    ザのベースはムーミンが弾く。
    ドラムはりっちぃだ。

    まずは「Can't Buy Me Love」。ルイーザのリードボーカルだ。
    この人が歌うとどんな曲でもビーテルズのノリになってしまうのがすごいなあ〜。
    ほんとオリジナルに聞こえてしまう ヽ(^o^)丿

    そして2曲目、「Baby It's You」。
    リードを取るのはさむちゃん。ギターを肩から下ろしてステージの中央に立つ。
    ムーミンはルイーザにベースを返し、代わりにアコースティックギターを受け
    取ってステージ右端へ。
    ムーミンのギター姿はこの時初めて見たので新鮮だった。
    渡された本人もビックリしてた〜 (#^.^#)
    そしてりっちぃはドラムセットから降りて、タンバリンを持ってステージ前に移動。

    さむちゃんはマイクの前でスタンバイ。
    誰がカウントを取るのかとまわりを見渡したそのとき!!
    カンカンカンカン・・
    テンポの速いスティック音が響いて、
    すかさずルイーザが「ワントゥースリーフォー」!!

    「ええ〜っっ?!!」
    このテンポは「I Saw Her Standing There」だ・・ \(◎o◎)/!
    さむちゃんが一瞬かたまる (@_@;)

    しかし演奏はそのままスタート。
    やっぱり「I Saw Her Standing There」だ・・ (^^ゞ
    「え〜〜〜っ?!!」
    大笑いしながら踊りだすさむちゃん。
    ステージの隅っこにいたムーミンもびっくりしたはず・・でも機転を利かせて遅
    れずにボーカルを取る。

    またしてもハプニングだ・・
    ドラムのナッドとベースのルイーザには曲の変更は伝わってなかったみたい。
    それにしてもちゃんとみんなついて行けるのがすごいな〜。
    この瞬間の映像はYouTubeでバッチリ観られます〜(笑)!

    そうそう・・去年のブルマのステージでもムーミンが同じようなことをやっ
    ちゃったらしい。
    「I Want To Hold Your Hand」のところで勘違いして「I Saw Her Standing
    There」のカウントをとってしまったのだそうだ。
    あのカウントはそれしか考えられないけど、間違いにも笑顔で対応するメンバー
    の粋な所がやっぱりいい。
    カズさんの話によればそのあとはもちろん、すばらしくホットな演奏だったみたい。
    さすが・・ブルマだ! ヽ(^o^)丿

    しかし・・
    どっちも「I Saw Her Standing There」だったのは偶然なのだろうか・・? ^m^
    とにかくこのステージ、さむちゃんとりっちぃがフロントで踊りまくって、最高
    に盛り上がった (^_^)v


    ●ジャムセッション・パート2

    緊張と興奮のジャムセッションが終わって、ステージを降りる。
    これから「アップルジャム+ジェイさん」のジャムセッションなのだ。
    でもなぜか、ブルマだけ残るように言われた・・ビーテルズは下がったのに??

    「あれれ?」と思っているうちに、「アップルジャム+ジェイさん+ブルマ」の
    ジャムセッションになってしまった!

    まず「It Won't Be Long」。
    ブルマのフロント3人は楽器を持たずに、手拍子とコーラスと踊り(?)を担当。
    アップルジャムのドラマー、ジョンさんはハンドマイクを持ってボーカルに専念。
    そのエンターテイナーぶりがすごい! ヽ(^o^)丿
    ドラムは我らがりっちぃ♪
    こんなすごいメンバーのバックでドラムをたたいてる・・しかもなんの打ち合わ
    せもなしに・・りっちぃもすごいぞ!!



    ・・と感動しながら写真を撮っていたら、思わぬハプニングが!
    ジョンさんのアップが撮りたくて思わずステージ中央に近づいてしまった私。
    なんと、それを目ざとく見つけたジョンさんが、自らカメラに寄ってきてくれたのだ!! (^^)!
    当然ドアップの写真が撮れた。うわぁ〜〜!! (^^♪

    つい興奮しすぎたです、はい ^m^
    ジョンさんのサービス精神に感謝いたします <m(__)m>
    もちろん、これもYouTubeで観られます(笑)

    続いて同じメンバーで「A Hard Day's Night」。
    途中、さむちゃん&ムーミンはリードボーカルも披露。
    みんなほんとに楽しそう! ヽ(^o^)丿

    大歓声の中、ジョンさんが架空のロケットを飛ばして、夢の共演が終了。

    でもこれで終わりじゃないのだ!


    ブルマがステージを降りたあと、「アップルジャム+ジェイさん」で「Money」
    「Lady Madonna」そして「Hey Jude」。
    「Hey Jude」の途中で、みんな上がるように言われて、ブルマ、ビーテルズ、
    アーバンクロウ、そして「Jiri Nikkinen The Beatles Tribute Band」のメン
    バーたちもステージへ!! 
    もうお祭り状態。ステージにはいったい何人上がってるんだろう? って、私も
    その一人なんだが・・ (=^・^=)



    そして最後は、『Tampere Beatles Happening』恒例の「All You Need Is Love」!
    出演者もオーディエンスも、そして主催者も、みんなみ〜んながビートルズファ
    ンなんだなあ〜、と感動。
    写真を撮りながら2日間のこの充実した瞬間を思い返し・・涙が出ていた (@_@。。。


    ●今日も打ち上げ

    興奮冷めやらぬまま打ち上げになだれ込む。
    もう午前2時を過ぎているけど、そんなの誰も気にしてない。
    だって今年のフェスティバルはこれで終わりなんだもの。
    感動の余韻にしばらくみんなで浸っていたい・・

    ビーテルズのステファニーちゃんがギターで歌い出した。
    ビーテルズにブルマやジェイさんも加わって、笑って、歌って、踊ってる。
    打ち上げなのにさっきのライブの延長? アンコール状態? ヽ(^o^)丿♪



    誰もが笑顔で、子供のようにはしゃいでいる。
    みんなやっぱりビートルズが好きなんだなあ。
    言葉がわからなくてもビートルズを歌うだけで気持ちが通じる。
    こんな素敵な事はない。



    そういえば途中、カズさんがりっちぃを軽々と抱っこしてたり、
    反対にりっちぃがカズさんを抱っこしようとしてコケたりしてたっけ(笑)
    みんな素敵な余韻が残る中、おかしくなってるぞ〜! ^m^

    時間を見たらなんと4時だ!! (@_@;)



    いい加減に私の顔はパンパンに腫れていた (~_~;)
    気持ちはとっても晴れやかなのに・・

    明日は滞在最終日。ヘルシンキに移動だ!

    (つづく)

    Copyright(C)2012 scousehouse
     http://scousehouse.net/magazine/nlw_photo509.html

    | ライブレポート | 21:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.bluemargarets.co.uk/trackback/1175134