RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ブルーマーガレッツ大作戦!

メンバー4人が繰り広げる大作戦!です…
<< 「ノア姉さんのブルマ追っかけ大作戦〜フィンランド編」(4) | main | 週末は長野でライブです! >>
「ノア姉さんのブルマ追っかけ大作戦〜フィンランド編」(5)
0

     ●まずは腹ごしらえ

    タンペレタローに着いて私達がまずしたことは、やっぱり腹ごしらえ(^u^)
    時間は7時半。スタッフ用の食堂に入る。
    私はこんな経験も初めてなので内心ウキウキしてた。
    みんなの美味しい顔を撮るために、もちろんカメラを持って・・(笑)


    本当はがっつり食べたいとこだけど(笑)
    本番が近いのでパンケーキやサンドウィッチやヨーグルトなどの軽食で我慢 ^^;
    私も気持ちが伝わってきてあまり食べられなかった。

    それでもみんないつもの笑顔だ!
    食べているメンバーの写真は3Dのように飛び出しそうだ (^O^)

    さむちゃんは日本でのライブの前は緊張で食べられないっていつも言う。
    だから打ち上げでは毎回がっつり食べる(笑)
    この顔はほんといつ見ても最高! (^_^)v

    この旅の間ですっかりカメラマン姿が板についてしまったのか・・(笑)
    「ノアさんて、もうカメラを下げてないとおかしいよね〜」
    って、ブルマのメンバーがそろって言ってくれたのだ(嬉しかったな〜♪)。

    そう、いつでもいい写真を撮ろうと、起きてる時はカメラを片時も離さなかった。
    自分でも身体にくっついてしまってるんじゃないかと思うほどだった(^_^;)


    ●フェスティバル開幕!

    夜8時から『Tampere Beatles Happening 2012』のプログラムがスタートした!
    3つの会場のうち、まず「スモール・オーディトリアム」で『In My Life』とい
    う地元フィンランドのミュージシャンたちによるコンサートが始まった♪
    スモールといってもかなり広い。500人収容だそうで、ぎっしり満員になってい
    たし、とっても盛り上がっていた。


    もちろんビートルズナンバーの演奏だ。
    ユーハさんによると、フィンランドでもかなり有名な歌手(テノール?)の人も
    出演しているとのこと。
    とにかく大がかりで、ドラムは2セットあるし、グランドピアノはあるし、ホー
    ンやストリングスまで!
    演奏のレベルもクオリティも高かったように思った。


    明日ブルマはここよりも倍くらい大きい「メイン・オーディトリアム」のステー
    ジに立つことになっているのだけど・・だいじょうぶなのだろうか・・母のよう
    に心配・・(笑)

    『In My Life』コンサートが終わったのは9時半すぎ。
    そのあとはブルマ専用のドレッシングルームへ。


    部屋は2つ用意されてたので、ひとつはユーハさんとカズさん、もうひとつはブ
    ルマだ。私もカメラマンなのでもちろん一緒に入れた(はぁ〜〜感動!)。
    そしてブルマはいつものブルマスーツに着替えていざ出陣!
    (ビートルズのワシントンDCでの衣装をイメージしたオーダーメイドだけど、
    ワイシャツはもちろんブルー♪ これが本家と違うとこだ! ^m^)

    私達が会場となる「パークホール」へ入った時は、前のバンド「Be Apple」のラ
    イブの最中だった。
    ここはブルマが昨年も演奏したホール。
    外は寒いけど会場はもう熱気ムンムン。
    出番まであと少し。ステージの横でそわそわしながら待っていると、ブルマの次
    に演奏するアメリカのスーパーバンド「Apple Jam」のメンバーたちが姿を現し
    た・・わぁ〜みんな大きい!
    ブルマは11時からだけど、彼らは0時15分から。いくらなんでも早すぎるの
    では・・と思ったら、やっぱり! ブルマのライブが観たくて早く来たんだっ
    て!? ^m^




    「Oh〜〜Blue Margarets!!」
    私は初めましてだったけど、ブルマとアップルジャムはみんなもう知り合い。
    大きなアメリカ人たちとちっちゃなブルマが思いっきりのハグ!!
    ブルマのメンバーもとっても嬉しそうだった。


    ●さあ、本番!

    23時。いよいよ本番!
    ブルマに続いて私もカメラマンとしてステージに上がる。
    緊張してきた〜 (>_<)



    ライブが始まった。
    お客さんからたくさん声援が飛ぶ!
    すごい人気だ!
    フィンランド語だと発音は「ブルーマルガレッツ」なんですね〜。
    何度も聞こえた。


    MC担当のムーミン、一番言いたかった昨年の日本の地震を心配してくれた事へ
    のお礼を英語とフィンランド語を混ぜて挨拶。
    原稿はカズさんにお願いしたそうだけど、いざ話すとなるとスムーズに言葉が出
    てこない。
    でもそれがかえって一生懸命でよかった。
    ブルマのフィンランドの人達に対する気持ちは、会場のお客さんたちみんなに伝
    わったと思う (^^)



    <セットリスト>
     A Hard Day's Night
     You Can't Do That
     Can't Buy Me Love
     If I Fell
     Boys
     It Won't Be Long
     Ticket To Ride
     Bad Boy
     She Loves You
     I Want To Hold Your Hand




    最後にムーミンが、「I have to say Good Bye〜Oh〜」って言ったのがなんだか
    オーディエンスにレスポンスを求めてるような感じになって、会場全体も
    「Oh〜〜」ってどよめいたのが面白くて良かった (*^^)v

    演奏が終わって、ステージの真ん中に集まって挨拶するブルマ。
    客席からは当然「We Want More!!」コールの嵐。
    それではとアンコールに応えて・・

     I Saw Her Standing There

    会場はもうディスコ状態(古い? 笑)




    そんな大興奮のなか、ステージは無事終了。
    さむちゃんがとびっきりの笑顔で
    「See You Tomooooooooorrow!!」




    そして・・次のアップルジャムへバトンタッチ♪
    公式カメラマンとして初めての仕事。
    夢中でカメラのシャッターを切りまくった。
    絶対いい写真撮れてるぞ!!

    日本でのライブだと、
    ここまで入り込んで写真を撮ったことなかったし。

    やっぱりステージに一緒に上がれたのが一番嬉しかった。
    何とも言えない達成感。
    最高だった。
    こういう瞬間がいいのだ。

    アップルジャムのステージも観たかったけど、
    ブルマと一緒にドレッシングルームへ。
    みんなステージ衣装からTシャツに着替える。

    なんとムーミンが、ライブ中にマイクにぶつけて、
    前歯が少し欠けてしまったそう・・(^_^;)
    さむちゃんもよくぶつけて、歯がぐらぐらになるそうだ
    みんな笑顔で歌ってるけど、
    いっぱい苦労があるんだな〜と、あらためて思った。


    着替えたあとは「フィクシング・ア・ホール・パブ」という小さな会場(といっても100人くらいは入りそう)で「The Beatelles」を観た。
    リバプールの女性4人組のバンドだ。
    ルックスも魅力的だけど、どの曲も自分たちなりにアレンジしているのがすごい。
    まるでオリジナルソングを演奏しているよう!
    こんなバンドがいるんだ〜〜〜って、びっくりだった。

    ビーテルズのステージが終わってみんなで記念撮影。
    ブルマとビーテルズ、どっちのライブも大成功だったから、この2つのバンドを
    スカウトしたユーハさんがいちばんうれしそうだったな〜 (^^♪


    ●打ち上げパーティー!

    気がつくと1時過ぎてた。
    みんなでタンペレタローのスタッフルームへ。
    この時間から打ち上げなのだ。
    ホールの関係者やミュージシャン達でいっぱい。

    そこでここタンペレホールの女性プロデューサーの
    Mariさんに会った。
    優しそうな顔立ちで名前が
    日本人にも馴染みのある名前で親近感を覚えた。

    ビーテルズのメンバーが歌いたいと言いだした。
    「誰かギター持ってないかしら?」


    タンペレタローのスタッフで、
    いつもアイスホッケーチームのジャージを着ているクイデさんが、隣の部屋から自分のギターを持って来てくれた。

    クイデさんは
    このイベントに携わった関係者の中でも
    一番大きい男性で、2メートルはあるんじゃないか?!
    ・・と思ったくらい(笑)・・

    でもとっても優しそうな感じがしたな〜。
    そして、ミニライブのスタート!
    ステファニーちゃん(バンドではジョージ役)がギターを弾く姿がとってもセクシーだった!!



    明日もあるからと私たちは早めに切り上げてホテルへ。

    部屋に戻って時計を見ると3時半を回っていてビックリ!!
    もう・・数時間しか眠れないけど・・
    みなさんお疲れ様でした。お休みなさい。

    明日はメインのホールでのライブだ〜!
    きっといいステージになる、絶対!!
    考えただけでわくわくしてきた♪
    でも寝なくちゃ!(笑)

    (つづく)

    Copyright(C)2012 scousehouse
    http://scousehouse.net/magazine/nlw_photo502.html

    | ライブレポート | 09:59 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    ノアさ〜んありがとう☆
    あれから半年経つけど、読み返すと昨日のことのように思えてくる(^^)

    生き急いだフィンランド、次回はメインのホールでのライブ!楽しみ♪♪
    | ムーミン | 2012/07/20 1:50 AM |

    写真が文章とリンクしてるでしょう?
    一番最後の写真がいいな〜♪
    | ノア | 2012/08/21 11:51 PM |










    http://blog.bluemargarets.co.uk/trackback/1175126