RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ブルーマーガレッツ大作戦!

メンバー4人が繰り広げる大作戦!です…
<< 「ノア姉さんのブルマ追っかけ大作戦〜フィンランド編」(3) | main | 「ノア姉さんのブルマ追っかけ大作戦〜フィンランド編」(5) >>
「ノア姉さんのブルマ追っかけ大作戦〜フィンランド編」(4)
0

     ●おなかいっぱいの朝ごはん

    1/20(金)
    7時半に起床。
    さすがに前日早く寝たので日本にいる時よりもたっぷり寝た気がする。
    8時間位寝たかな?
    でも朝なのに夜のような暗さ。
    北国だから冬は太陽が出るのが遅いらしい。



    8時半にホテルのラウンジに集合して、みんなで朝ごはん。
    会うなりりっちぃに「肌きれいね〜」。
    日本にいるよりもきれいだなんて・・(笑)
    そう、起きたら肌がつるつるで自分でもびっくりだったのだ。
    きっと水のせいかな? 事前に聞いてたとおり、フィンランドの水はほんと滑ら
    かで美味しくて、肌にもよさそう。
    でも、着いてまだ半日くらいしか経ってない。そんなにすぐに効果がでるものな
    のか??
    もしかしたら旅に出ている開放感からなのか??(笑)

    朝ごはんは、ディナーなのかと思わせる位の料理の多さ。
    ビュッフェスタイルで食べ放題なので、ついついたくさんとってしまう。
    特にさむちゃん、ムーミンは嬉しそう!
    りっちぃも朝はがっつり食べるそうだ。
    これだもん、みんな元気なはずだ!!
    朝からいい写真が撮れた。




    ところで、ユーハさんの姿が見当たらない。
    カズさんにゆうべのあれからのことを聞いてみた。

    「ほんとにユーハさんに付き合ってBeatellesを迎えに空港に行ったの?」
    「ん? 行ってないよ。行くわけないじゃん!」
    「え〜! じゃあユーハさんは?」
    「しーらない。きっとまだ寝てるよ」

    そんな話をしていると、ユーハさんがふらふらと現れた。髪は立ってるし目
    はぼんやりしてる・・どう見ても寝不足と二日酔い・・
    その姿を見て大笑いのカズさん。

    「よく起きれたねユーハさん。寝てていいのにー」
    「なんで起こしてくれないんだー(ー_ー)!!」
    「だって起こしちゃ悪いじゃん。ていうか、寝たの朝なんじゃないの? なんで
    起きてくる?」
    「ブルーマーガレッツといっしょにいたいからに決まってるじゃないか!」
    「ははは、そうだったね、ごめんごめん」



    もう・・カズさんたら・・(-_-;)
    相変わらずの二人の掛け合いだが、ユーハさんが一分一秒でもブルマと一緒にい
    たいと言う想いは痛いほどわかっていたのでちょっとかわいそうだったな〜。

    朝食の後は、近くのマーケットに、みんなでちょっと買い物に出かけた。
    美味しい水やお菓子、他にはなんと日本でも着たことのないビキニを買ってし
    まった〜(^_^;)
    実は朝食の最中に、今日はサウナに入るからとブルマのメンバーから言われたた
    めだ。
    ビキニ、本当に着れるのだろうか??
    何よりも心配になってきた。(>_<)




    ●タンペレタワーへGO!

    午前11時にホテルのロビーに集合。
    ユーハさんが電話でミニバスを呼んで、みんなで乗る。



    雪で真白なタンペレの中心街を通り抜けて、湖のほとりにあるナシンネウラタ
    ワー(タンペレタワー)へ。





    展望台でみんな大はしゃぎ! 360度のパノラマできれいなタンペレの街が
    一望できる。真白だからよけいにきれい。





    最初は気がつかなかったけれど、展望台自体がゆっくりと回転していることにも
    感動!!

    展望台の上の階にあるレストランでおしゃれなランチ。
    レストランの客席も回っていた!
    ユーハさんとカズさんが白ワインを選んでボトルで注文。オーストリアのワイン
    だった。
    ブルマは「これからサウンドチェックだから」って断っていたんだけど、ユーハ
    さんとカズさんが「美味しい!」と口をそろえると、みんな「・・じゃあ少しだ
    けもらっちゃおうか」となったのが面白かった。
     



    ユーハさんにメニューを説明してもらってフィンランド料理のコースを注文。
    前菜もメインもデザートもとってもきれいに盛り付けられていて、食べるのが
    もったいないくらいだった。
    メインは、ブルマと私は肉料理、ユーハさんとカズさんは魚料理(サーモンみた
    いでサーモンじゃないフィンランドの魚・・ミエリア、みたいな名前だった)。
    びっくりするくらい美味しかった。



    もちろん話も弾むはずむ!
    ライブでのMCをユーハさんに相談しているうちにフィンランド語講座が始まっ
    て、日本語とフィンランド語で発音が似てる言葉が意外に多いのを発見したり。
    やはり最高傑作は「よっぱらい」と「ヨッポ(juoppo)」。
    これの活用形、というか関連語として、ユーハさんに「フツカヨイ」を教えるブ
    ルマメンバー。
    そしてこの日からユーハさんはフェスティバルで会う人会う人みんなに「フツカ
    ヨイ」を教え込み、タンペレタローのスタッフのほとんどにマスターさせてし
    まった・・(笑)





    あ、ステージでのMC担当のムーミンがこのときにユーハさんに教わったフィン
    ランド語がなんだったのかは、本番でのお楽しみ!(#^.^#)

    結局、レストランを出たのはなんと3時前だった。
    ランチにほとんど3時間・・
    タンペレタローでのサウンドチェックは3時半から・・
    間に合うのかな??
    でも誰もあわてる様子がない・・

    そういえばユーハさんはブルマだけでなくBeatellesのお世話担当でもあるのだ
    が・・
    こんになブルマにべったりでいいのだろうか?
    あっ・・いいのかな?
    Beatellesには毎年リバプールで会えるんだし・・(って、そういう問題でもない
    気がする・・笑)


    ●サウンドチェック

    いちどホテルに戻って楽器をとって、歩いてタンペレタローに。
    もちろんお腹いっぱいのまま・・ちょっと苦しい(^^;)



    タンペレホールに入るやいなや、ブルマを見つけた人々がうれしそうに寄ってく
    る。
    たちまち取り囲まれてしまって、前に進めない。お土産とか去年の写真とか、次
    から次へとプレゼント攻撃・・(笑)
    ブルマの人気の高さがわかった。
    ユーハさんもそうだがフィンランドの人はどこか日本人に似ている。
    シャイなんだけどとても人懐っこい。
    みんなの優しい顔つきがたまらない。

    やっと最初のライブの会場「パークホール」に到着。平面だけどものすごく広い。
    800人くらい入るそうで、数え切れないくらいのテーブルとイスが並んでいる。
    いちばん後ろからだと、小さなブルマはますます小さく見えることだろう(りっ
    ちぃ以外・・笑)
    りっちぃは身長が高く日本では大きい方だけど、ここフィンランドでは普通なの
    だ!




    ユーハさんに頂いたプレスパスを下げて、サウンドチェックに私も同行した。
    (とってもいい瞬間だったな〜♪)

    カズさんから、
    「僕はムーミンのビデオカメラで動画撮影に専念するから、ノアさん写真頼んだ
    よ。わかってると思うけど、写真撮るのノアさんだけだよ〜」
    と言われる。
    う〜プレッシャー・・(@_@;)

    さらに、
    「ステージの上、自由に動き回っていいから。横でも後ろでもいろんなアングル
    で撮ってね。たまには客席からも」
    と細かく指示が出た。

    真剣にサウンドチェックするメンバーの前で、私もどこで撮ったらいい写真が撮
    れるか、ステージの上や下や後ろや横を動き回ってアングルをチェック。
    まるでプロみたい・・(笑)






    ●サウナでビキニ??

    1時間ほどのリハーサルのあと、本番はなんと23時!
    今は5時だから、あと6時間もある〜!

    ・・と、わざとらしく驚いている場合ではない。
    もちろんこれはあらかじめわかっていたことで、この空き時間を使ってホテルの
    サウナに入るのだ。
    出発前から決まっていたらしい・・私は今日の朝まで知らなかったけれど・・
    はぁ〜〜午前中に買ったあのビキニを着るのか〜?(p_-)

    カズさんも似たような状況らしく、最初は「え? サウナぁ? いやだよ僕はい
    いよ」と言っていたのに、いつの間にかユーハさんに引っ張られていっしょに来
    ていた(笑)
    やっぱりユーハさんとカズさんはとっても仲良しなんだよね〜(笑)

    サウナはもちろん男女別で裸の付き合いです。はい(笑)
    そうそう、サウナは別だけどジャグジーは共同で、それがなんと入口の外にあっ
    た(笑)

    それを見たカズさん、
    「え? ここにみんな入るの? 僕がサウナから出るときにいるかもなわけ? 
    え? ビキニ!? …見たくないなあ〜(ホントに嫌そうに)」
    私たちも、
    「見られたくないなあ〜(もっと嫌そうに)」

    なので、ジャグジーには結局入らなかった (^^ゞ

    いつの間にかみんなこんな冗談を言える仲になっていた。
    なんだか楽しくなってきたぞ〜〜。

    みんなでビキニを着て、初めてフィンランドの家庭的なサウナに入った。
    焼いた石に水を掛けながら湯気を出して入るのだけど、掛けすぎてイタ〜〜って
    感じ。
    でも・・慣れてくるとみんな上手くなり快適。
    とっても体が温まった。

    7時すぎ、その温まった体のまま、ホールへ移動。
    氷点下だけど、温まっているのでそう寒くなかった。
    前を歩くユーハさんはまるでBエプスタイン、カズさんはローディのMエバンス、
    私は専属のカメラマンBウィタカー(?)になりきって(笑)、ますます気持ち
    は温かかった。

    (つづく)

    Copyright(C)2012 scousehouse
    http://scousehouse.net/magazine/nlw_photo501.html

    | ライブレポート | 12:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.bluemargarets.co.uk/trackback/1175125